パソコン電源の選び方~2020年最新版自作PCより学ぶ~

こちらのページでは、

パソコンの選び方~2020年最新版自作PCより学ぶ~についてをメインに解説します。
自作パソコンやBTOパソコンでのカスタマイズをするときに、電源(電源ユニット)選びは重要ですので
このページを参考にしてください。


パソコンに必要な電力は?

  • 高性能PCや高性能グラボを使用するときは、計算して必要な電源を確認し、購入
  • 通常のパソコンや標準的なパソコンの仕様であれば、500Wあれば十分

ゲーミングPCや高度のグラフィック機能でのパソコン使用を考えている方は、

電力を計算して、選択する必要があります。


パソコンの電源容量を計算する方法

ドスパラのホームページに電源容量計算機がありますので、こちらで確認できます。

少し下にスクロールするとあります。
下向き三角より▼構成を設定でき、自作パソコンやカスタマイズするときに使えます。


電源ユニット容量まとめ

通常使用、業務で使用・・・~500W
ゲーミングPCミドルクラス・・・500W~750W

ハイエンドクラス・・・750W~1000W

超高性能ハイエンドクラスまたはマイニング用途・・・1000W~1500W

とざっとこのようになります。


電源ユニットの種類

電源ユニットを選ぶときに容量以外のポイントを解説します。

ケーブル

  • 直接ついているタイプ
  • プラグインタイプ

好みにもよりますが、プラグインタイプは、ケーブルの必要箇所に差すタイプなので、かさばらなくて便利です。

→電源ユニット プラグインタイプ一覧

大きさ

  • ATX電源・・・フォームファクタATX用の大きい電源。
  • SFX電源・・・小型の電源。
小型のケースを使用している場合は、ATX電源が入らない場合があるので注意。

小型のケースは、SFX電源でサイズを確認。
→電源ユニット SFX一覧


電源交換率【80PLUS認証】

例えば

100W消費するパソコンに、電源交換率80%の電源ユニットを使用するなら、
  • 100W ÷ 80% = 125W

125Wの電力が必要という計算になります。

電源交換率【80PLUS認証】表

電源交換率【80PLUS認証】表

電源交換率というのが、80PLUSの米国の認定制度によって定められていて
電源交換率はグレードによって異なるので、プラスの知識として覚えておくといいです。
格安の電源は、80PLUS認証のロゴが入っていないものもあるので注意してください。


電源不足すると何が起こる?

電源が不足すると・・・

  • 電源が入らない(電源ユニット故障の可能性も有り)
  • 突然シャットダウンする
  • 突然再起動をする

自作PCやBTOパソコンなどのカスタマイズの際(特に増設)は、
電源容量を計算し、性能にマッチした電源を購入する必要があります。

その他不具合のある方は、こちらも参考にしてみてください。

パソコン不具合ランキング6つ解決方法


ここまで読んでいただき、ありがとうございます。
その他の記事も参考になさってください。

新しいページはツイッターでもお知らせしてます。

https://twitter.com/AR23301

こちらからツイッターへどうぞ


高性能なパソコンを購入したい

自作で作成は少しレベルが高いので、購入したいという方は、ドスパラ さんがおすすめです。

ゲーミングパソコンのページが豊富にあります

へピゲーマー向け、ライトゲーマー向けのページが分かれていたりするので

自分の好みに合わせてパソコンを選ぶこともできます。

購入時にamazon payや楽天IDのお支払いがあったり会員登録しなくても購入が可能です。

こちらのリンクより確認できます↓

☆ゲーム用パソコンならドスパラ!☆


読んでいただきありがとうございます。

山梨県内であれば

設定がわからない方、購入から設定一式依頼したい方

パソコンARが出張でお伺いいたします。

電話:055-231-5346